税理士

せどりにおすすめの税理士の選び方から税理士費用の相場までを解説

せどりの確定申告を税理士に頼もうかどうか迷っていませんか?

費用もかかるし、できるなら自分でやった方がいいのかな?と迷うところですよね。

じつは、ここ最近確定申告を税理士に頼む必要性は変わってきています。

以前は、「確定申告はめんどくさいから」、「よくわからないから」という理由で税理士に頼んでいました。

ところが最近は、

  • 国税庁がインターネット取引の調査に力を入れている
  • 今後電子帳簿保存法の改正など急速に税務行政がIT化されること

という理由によって、税理士の必要性が変わってきました。

✅税理士に確定申告を頼み、極力税務調査のリスクを減らす。
✅IT化についてもアドバイスを受ける環境を作っておく。

そのために税理士と顧問契約が必要になってきます。

とはいえ、税理士との契約って疑問がいっぱいですよね?

そこでこの記事では、

この記事の内容

せどりの確定申告を税理士に頼むときに知っておくべき6つのポイント

  1. 確定申告に税理士が必要な理由
  2. 税理士に依頼するタイミング
  3. 税理士に依頼するメリット
  4. せどりの税理士費用の相場
  5. せどりに強い税理士の選び方
  6. 税理士の探し方

を業界経験者視点でわかりやすく解説しました。

 

しょうじ

初めての確定申告を失敗せず終わらせるために知っておくべき内容ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

確定申告に税理士が必要な理由

冒頭でもお伝えした通り、せどりの確定申告には税理士が必要です。

というのは、
個人のインターネット取引は国税庁がマークしているからなんです。

下の画像は、国税庁が発表している個人に対する調査状況です。申告漏れによる追徴税額が65億円にも上ったことで、「インターネット取引を行っている個人に対しては、資料情報の収集・分析に努め、積極的に調査を実施」していることを明示しています。

国税庁が個人のインターネット取引に積極的に調査しているので、確定申告書のミスから税務署から問い合わせがあり、税務調査に発展することは十分あり得ます。

Twitterでもこんなtweetがありました。

税務調査が来ることを想定するなら、確定申告書を作成の時点で税理士に依頼し、税務調査になったら立ち会ってもらうのがベストです。

税理士に依頼するタイミング

税理士に確定申告を依頼しようと思ったら、どのタイミングですべきか?
悩むところですよね。

確定申告が2月~3月なので、「あんまり早いのもなぁ」と思うかもしれませんが、目安を言うと、できるだけ早くがいいです。

最低でも年内が目安です。

というのは、税理士業務は、12月から3月までは繁忙期です。

12月の年末調整に始まり、1月は、税務署に提出する法定調書の作成・提出、市町村に提出する総括表、給与支払報告書、償却資産税申告書の作成・提出。そして2月~3月は確定申告で忙殺されます。

いい税理士ほど顧客が多いので、この時期はめちゃくちゃ忙しくなります。

個人の確定申告、しかも事業所得の申告ともなると、受け付けてもらえない可能性もでてきます。

なので、できるだけ早く、年内を目安に依頼するのがベストです。

とくに次の場合は、単に申告書を作成するだけではなく、事情を把握して検討する必要があるので、できるだけ早期に税理士に相談して対策を練るのがベターです。

こんなときは早めに対策を

✔ 勤務する会社が副業禁止なので、妻名義で確定申告する場合

✔ 副業のせどりを雑所得ではなく「事業所得で申告する」場合

勤務する会社が副業禁止なので、妻名義で確定申告する場合
せどりでの実際の経済的利益を享受する人と申告書上の名義人が違うと、課税上は弊害があります。売上が入金される銀行口座の名義は誰のものか?なども含めて、税理士に相談するのがベストです。

妻名義で確定申告する場合についてはこちらの記事でくわしく解説しています。

副業のせどりを雑所得ではなく「事業所得で申告する」場合
副業のせどりは、本来「雑所得」で申告します。でも実際は、副業にも関わらず事業所得で申告している人も多くいます。
得か損かで言うと、事業所得で申告する方が得です。

ただ、安易に「得だから」という理由で事業所得にするにはリスクがあります。
事業所得で申告するのなら、税理士に相談するか、税理士に依頼して申告することをおススメします。

副業のせどりを事業所得で申告するリスクについてはこちらの記事でくわしく解説しています。

税理士に依頼するメリット

税理士に確定申告を依頼する必要性はわかったけど、他にメリットは?

と感じた方に、実際にどんなメリットがあるか、ピックアップしてみました。

税理士に依頼するメリット

✔ 申告書の間違いが圧倒的に少ない

✔ 税務調査に立ち会ってもらえる

✔ 税務署からの問い合わせの窓口になってもらえる 

申告書の間違いが圧倒的に少ない

実務で何度も税理士以外がつくった申告書を見てきましたが、大きな判断ミスをしていることも少なくないです。

税法は経験で判断せざるを得ないことも多々あるので、一般の人と税理士が作るのとでは、所得・税額が大違いになることはけっこうあります。

税務調査で立ち会ってもらえる

税務調査に関しては、税理士がいるといないとでは大違いです。

税務知識がない人が税理士をつけずに税務調査を受けるのは、丸腰で戦場に行くようなもの。

それぐらい税務調査には税理士の立ち会いが必須です。

税務署からの問い合わせの窓口になってもらえる

税理士に確定申告を依頼すると、「税務代理権限証書」というのを税務署に提出します。

すると、申告書に疑問や確認があるときは、すべて税理士に問い合わせ・連絡が行き、税理士が対応します。

せどりの税理士費用の相場

確定申告を税理士に依頼するなら、気になるのが税理士費用ですよね。

税理士費用は、一応相場はありますが、税理士の関与具合や事業者の売上規模などさまざまな要素が絡むと「いくら」と明示するのが難しいです。

とはいえ、金額の目安がないと判断できないですよね。

そこで、せどりを行っている場合の、税理士費用の大まかな相場をお伝えすると、、

個人で確定申告のみを依頼する場合
1回の確定申告報酬:10万円から15万円
個人で顧問契約をする場合
■月額顧問料:1万5千円~2万円
■決算報酬 :月額顧問料の4~5ヶ月分

といったところが目安になります。
税理士費用についてくわしくはこちらの記事で解説しています。

せどりにおすすめの税理士の選び方3つのポイント

せどりにおすすめの税理士の選び方は次の3つがポイントです。

  • 融資に強い税理士
  • 税務調査に強い税理士
  • ITリテラシーがある税理士

融資に強い税理士

せどりで大きく稼ぐには資金力が勝負です。
資金力を最短で増やすには融資が手っ取り早いです。

融資が必要になることはわかるけど、なぜ、税理士が融資に強い必要があるのか?

というと、

もちろん、融資が通りやすいようなノウハウを持っていることも大事ですが、融資に強い税理士は金融機関と日頃の付き合いがあります。

これがどう影響するかというと、
通常、融資を受けようと銀行の窓口にいってもなかなかうまくいきません。

それが、融資に強い税理士経由だと金融機関は喜んで話に乗ってくれます。

それもそうですよね。
見ず知らずの人に「金を貸してほしい」と言われても、そりゃ金融機関も怪訝な顔をします。

ところが、
日頃付き合いのある税理士が「顧問先の融資の相談に乗ってほしい」といえば、金融機関はビジネスチャンスだと思います。

ここまでの話を聞けば、どちらが融資を有利に進められるか一目瞭然ですよね。

税務調査に強い税理士

冒頭で個人のインターネット取引の無申告を懸念してせどりを含めたインターネット取引は国税庁がマークしているというお話しをしました。

さらに、

副業の解禁、コロナ禍での在宅需要でせどりを含めたインターネット取引が活況になっているのは周知の事実です。しかも飲食店をはじめとする実業は赤字のところがほとんど。

という理由から、
税務調査は、より一層インターネットビジネスへと向かいます。

でも、税理士ならみんな税務調査に強いのでは?と思ってませんか?

じつは、そんなことありません。

例えば、公認会計士は税理士登録することで、税理士になることができます。

監査法人で公認会計士として働いていて、独立して税理士になる人もいます。
この場合、「税務調査の立ち会い」経験はないまま独立します。

また、大手の税理士法人などでは、税理士資格はあっても経験の浅いスタッフに担当を持たせることも多くあります。この場合も「税務調査の立ち会い」経験はないまま実務につきます。

今後、税務調査のターゲットになるせどりをするなら、税務調査に強い税理士が断然おすすめです。

ITリテラシーがある税理士

2022年1月から「電子帳簿保存法」が改正されます。

電子帳簿保存法改正

個人事業主や中小零細企業が大きく関係するのは、
電子取引に関する書類は、紙ではなく電子保存が求められる点です。

これによって今後の税務調査の影響もあります。

ITリテラシーがないと、この情報についていけません。

失敗しない税理士の探し方

ここまで読み進めると、
税理士の選び方はわかったけど、条件に合う税理士はどうやって探すの?

という疑問がわきますよね。

あなたは税理士を探すとしたら、どうやって探しますか?

たぶん、多くの人がインターネット検索で探すと答える人が多いと思います。

でも、インターネット検索は次の理由であまりおすすめできないです。

  • 条件に合う税理士を探すのに時間と労力がかかりすぎる。
  • 検索上位にいい税理士のホームページがくるとは限らない
  • アポイントをとって会ってみたら相性がよくない場合に断りづらい

じゃあ、どうやって探すのかというと、
「税理士紹介サイト」をつかうのが効率的で便利です。

税理士紹介サイトとは、簡単に言うと、利用者と税理士のマッチングサイトです。

利用者が希望する税理士の条件を伝えれば、税理士紹介サイトの担当者が、登録税理士の中から税理士を選定し、紹介してくれます。

税理士紹介サイトのメリットを挙げると、

税理士紹介サイトのメリット

  • プロの目で選定するので税理士選びの失敗が少ない
  • 税理士と面談する日程調整を任せられるので楽
  • 面談して相性が合わなければ、代わりに断ってくれるのでストレスがない

税理士紹介サイトの選び方

税理士紹介サイトといっても、大小合わせると十数社あります。

中には、登録税理士数が少ないものや問い合わせしてもレスポンスが悪いところもあるので、選び方が大事になってきます。

税理士紹介サイトの選び方、ポイントは次の3つです。


  • 10年以上の運営年数
  • 登録税理士を審査している又は登録税理士が多い
  • 担当者のサポートがしっかりしている

この3つのポイントを基準に、おすすめの税理士紹介サイト3社を比較してみました。

おすすめの税理士紹介サイト

税理士紹介サイト
名称税理士ドットコム税理士紹介エージェント税理士紹介センター
登録税理士数6,000人以上未公開3,600事務所以上
税理士の審査なしありなし
実績数165,000件以上不明150,000件以上
運営年数15年15年26年
契約までのサポートありありあり
税理士との交渉代行なしありなし
資本金439,000,000円10,000,000円30,000,000円
タイトル詳細を見る詳細を見る詳細を見る

上の表をもとにランキング形式にしたのがこちらです。

第1位 税理士ドットコム

こんな方におすすめ

  • 上場企業が運営する大手などが安心できる人
  • 最も税理士の登録数が多いところで選びたい人
  • 業界で最も実績数が多いところで選びたい人

 

 

第2位 税理士紹介エージェント

こんな方におすすめ

  • 税理士を登録時に審査するなどの一定の保証がある方がいい人
  • 税理士との交渉なども代行してくれるところがいい人
  • 税務の実務に精通した担当者のサポートを希望する人

第3位 税理士紹介センター

こんな方におすすめ

  • 業界で最も運営歴があるところで選びたい人
  • 利用者の利用満足度が高いところを希望する人

まとめ

せどりの確定申告は、

国税庁の注目度や税務調査対応などから考えると、税理士に依頼することをおススメします。

確定申告を税理士に依頼する際は、年内を目安にできるだけ早くすることが大事です。

気になる税理士費用は、

個人の確定申告のみ:10万円~15万円が目安。

顧問契約の場合には、
■月額顧問料:1万5千円~2万円
■決算報酬 :月額顧問料の4~5ヶ月分

が相場になります。

せどりにおすすめの税理士の選び方ポイントは以下の3つです。

  • 融資に強い税理士
  • 税務調査に強い税理士
  • ITリテラシーがある税理士

この3つのポイントにあてはまる税理士インターネット検索で自力で探すには、相当の作業量と根気が必要です。

効率を考えれば、税理士紹介サイトをつかうことをお勧めします。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

-税理士