確定申告

副業のせどりがバレるのはこんなとき、確定申告書の書き方に注意!

確定申告すると、副業していることが会社にバレるの?
その疑問に税務の実務に通算18年従事した私が経験をもとにお答えします。
しょうじ

じつは、確定申告しても住民税の徴収方法の記載を間違わなければバレません。

なぜなら、確定申告でバレる場合は、天引きされている住民税が違う場合にバレるからなんです。

この記事では、

確定申告書で会社に副業がバレる税金の仕組みについてわかりやすく解説しています。

最後まで読んで、会社に副業がバレない方法を知って、正しく確定申告をしましょう。

結論から言うと、、、

結論

会社に副業がバレないようにするには、
確定申告書の住民税の徴収方法を「自分で納付」(普通徴収)にすれば大丈夫です。

住民税の徴収の仕組み

本題に入る前に住民税の徴収の仕組みについてお話します。

給与にかかる税金は、所得税と住民税があって、どちらも給与から会社が天引きして納付してくれます。

しょうじ
この天引きのことを所得税では「源泉徴収」、住民税では「特別徴収」と呼んでいます。

この天引きの金額、どうやって決まるのかというと、、、

所得税は国税庁が配布している源泉徴収税額表という表にあてはめて、会社が天引きする金額を算定します。

これから払う給与の所得税を見積りで徴収する仕組みです。

住民税は、所得税とは違って、去年の給与の金額を元に徴収します。

給与だけの場合

住民税は、会社が年末に年末調整をして、

➊1年間の給与の金額を給与支払報告書で市区町村に報告。

➋市区町村で、住民税を計算して会社に金額を通知。

➌通知された金額に従って会社が給与から毎月天引きして徴収。

という仕組みになっています。

確定申告した場合

これが確定申告をすると、副業の分の所得が増えるので、住民税も給与だけのものと比べて高くなります。そこで住民税を再計算することになります。

➊確定申告書を税務署に提出すると、

➋その確定申告書が税務署から市区町村に回ります。

➌市区町村が住民税を再計算して、会社に金額を通知

➍通知された金額に従って会社が給与から毎月天引きして徴収。

 

会社に副業がバレるのは、➌の住民税の通知のときなんです。

給与が前年からそれほど増えていないのに、住民税だけが増えていると、会社の経理では「あれ?」と思うわけです。

会社に副業がバレないようにする方法

副業がバレないようにするには、副業で稼いだ分の住民税を切り離せばよいことになります。

つまり、給与にかかる住民税は会社で天引きして納付、副業の住民税は自分で納付すればよいわけです

しょうじ
給与から天引きして納付するのを「特別徴収」、自分で納付するのを「普通徴収」といいます。

具体的な手続きは?というと、、、

確定申告書の住民税の徴収方法に〇印を記入するだけです。

確定申告書は第一表・第二表とあり、どちらも提出しますが住民税については第二表に記載されています。
(画像左:第一表、画像右:第二表)

第二表の下から二段目「住民税に関する事項」を見てください。

この住民税に関する事項の
「給与・公的年金等以外の所得に係る住民税の徴収方法」の欄の「自分で納付」の箇所に〇印をつけます。これだけです。

これで、副業の分の住民税は、自宅に送られてくる納付書で納めることになり、会社にはバレません。

まとめ

会社に副業がバレないようにするには、
確定申告書の住民税の徴収方法を「自分で納付」(普通徴収)にすれば大丈夫です。

また、『副業のせどり』の確定申告については、
はじめてだと、ほとんどの人が所得の種類を間違います。

初心者が間違うポイントと正しい確定申告の方法をコチラの記事でくわしく解説しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

はじめての副業せどりの確定申告のやり方

副業のせどりの確定申告、具体的にはどうやるの? はじめての確定申告、いろいろわからず不安ですよね。 税務の実務に通算18年従事して、1000件超の確定申告書を見てきた私が解説します。しょうじ じつは、 ...

続きを見る

-確定申告