税理士

せどりの税理士費用の仕組みと相場、顧問料の相場が2~3万円である理由

せどりの確定申告を税理士に頼みたいけど費用はどれくらい?
税理士費用の相場を知りたい。
いきなり税理士に問い合わせたら言い値になる?
その疑問に税理事務所に通算18年勤務し業界をよく知る私が解説します。
しょうじ

じつは、同じ税理士なのに業種・規模が同等でもクライアントによって税理士費用が違うことはよくあります。

なぜなら、紹介者や契約した時期などで違いが生じるから。

なので、税理士費用の相場や仕組みを理解しないと、相場よりも割高で契約することにもなります。

この記事の内容

この記事では、税理士費用の仕組み・相場・安くする方法をお伝えします。

せどりの確定申告を税理士に依頼するうえで、相場より安くいい税理士に依頼する方法がわかります。

結論は、

ポイント

税理士費用の相場として、税理士が基準にする金額は、
個人事業なら月額顧問料2万円、法人なら月額顧問料3万円が基準となります。

この金額は、旧税理士報酬規定の名残によるものです。

税理士費用の仕組み

税理士費用の相場の話の前にまず、税理士費用の仕組みについて解説します。

個人事業や法人の場合の税理士費用は、大きく分けて、顧問契約スポット契約とがあります。さらにオプションとしての記帳代行があります。

顧問契約とスポット契約

顧問契約
顧問契約は、月額の顧問料のほかに年に1回決算時に決算料を支払います。

顧問契約でのサービスの内容は、

✅毎月の定期訪問による税務会計のアドバイス
✅税務相談対応
✅決算時の決算書作成・税務申告書作成

スポット契約
スポット契約は、年に1回の決算時に支払う決算料のみになります。

基本的にスポット契約では、提供するサービスは、決算時の決算書作成・税務申告書作成のみになります。

記帳代行

記帳代行というと、耳慣れない言葉かもしれませんが、帳簿を作成することです。
法人にしても個人事業にしても帳簿を作成することが義務付けられます。

帳簿は基本的に簿記の知識が必要なので、経理担当者がいない、簿記の知識がない場合など税理士が代行してくれます。

この記帳代行は、顧問契約の場合の顧問料やスポット契約の決算料に含まれる場合と別で料金が発生する場合と税理士によって違うので確認が必要です。

税理士が基準にしている相場

具体的な税理士費用の相場

出典:税理士紹介エージェント

税理士費用を安くする方法

まとめ

-税理士